100均のタッパーに移植した豆苗の栽培~収穫&食べるまでの様子です。

100円ショップで購入した薬味保管用のざる付きタッパーに移した豆苗はその容器でも10日以上すくすく成長してくれました。

食べ方はやっぱり炒めてスープに。

種まきは1/23です。

豆苗 えんどう豆 グリンピース グリーンピース 栽培 スプラウト 水耕栽培 容器 100均 100円ショップ タッパー 育て方 方法2016/1/31 13時

緑化のタイミングで一部を100均のタッパーへ移植。

薬味保存用のザルがついた2層式のタッパーです。

>>スプラウトの栽培におすすめの100均の容器・タッパー

あると便利で数個買った予備の容器にに頼りすぎですね。

まだ白いですが・・・↓

豆苗 グリンピース えんどう豆 スプラウト 栽培 水耕栽培 方法 容器 100均 100円ショップ タッパー ザル2016/2/3 11時

緑化させるとスーパーなどで販売されている豆苗と同じような色になりました。

もやしなどと違って豆(エンドウ豆)は根元にあります。

丸々したグリンピースです。

とげとげしたのは根。

豆が大きい分スペースが空いているのでカビなどが生える危険性は少なそう。

豆苗 栽培 自家製 手作り 育て方 エンドウ豆 グリンピース スプラウト 芽 緑化2016/2/4 17時

1日で一部の双葉が開きました。

背丈も10cmを超えて育っています。

100均の容器でも十分に育ってくれています。

ここから写真がありませんが、収穫は栽培開始から20日の2/11。

折れたり曲がったりすることなくまっすぐ伸びてくれました。

豆苗 栽培 収穫 食べ方 作り方 育て方 100均2016/2/11

メインのキッチンファームで栽培したものはすでに収穫済み。

この容器で栽培したものだけをスープにしていただきました。

豆苗の食べ方はやっぱり炒めるのが一番簡単。

炒めてこちらも自家製の白ごまのスプラウトとわかめスープに投入しました。

切ってすぐは青いにおいがするのですが炒めると中和されて食べやすくなります。